2018年6月25日月曜日

鼻歌で歌えるバッハ

作ってたものをやっとバレエ教室に納品してホッ…。
10日前には縫いあがってたんだけど、使われるのは夏休みの七月か八月と聞いてたから次に近くに行くときでいいや…と思ってたら、こんなにあいだが空いちゃった。

ここんところ予定を詰め詰めにしてて、一日中家にいる日がなかったのよぉ。
そのうえ、ゆかたが宿題になってるところまで縫えてなかったし、縫えたときには次の宿題出てくる。はるみ先生の授業も作図も仮縫いもぜんぜん目処が立っていし、今期で退官される先生の授業もとっててなにもしてなくて。
それで、電車に乗ってもってける気持ちのよゆうがなかった⤵︎

はぁー・・・、この詰め込み具合はキャパを超えてた😢

バレエ仲間が「言ってくれたら、取りに行ったのにぃ」って♡
その声かけがすごーぉく…ありがたくて涙出てきちゃうよ。この一言で、もうひとふんばり…できる❗️

さて、そんな感じでスタートした今週だけど、このあいだお伝えしたインタネットラジオOTTAVAで、「ねぇ、ベートーベンならジャジャジャジャァーンってあるけど、バッハってどんな曲がある?」って訊かれて、ネットでYouTubeながすとか、mp3プレーヤーで聞かせるってのはナシで、口で歌って紹介できる曲は?…って話になった。

OTTAVA(オッターヴァ)

わたしなら「たらり〜ぃ、鼻から牛乳」かなぁ。
G線状のアリアなんてのっけから1小節以上のばしっぱなしで、歌いにくいったらありゃしない。

そしたら、斎藤さんが、「バッハって、まだメロディーがしっかりこれってわかるように書かれた時代じゃないから、鼻歌で人にわかるようにフレーズを歌えない」って、教えてくれた。
適当にしかやってないから知らなかったよ💦

オッターヴァを聞いてるクラシックファンならきっといい案があるはず…と、家事の手を止めてきいてみたら、この3曲があがった。
『目覚めよと呼ぶ声ありBWV 645』


『主よ、人の望みの喜びよ』


『メヌエット ト長調 BWV Anh.II/114』

いろんな人にカバーされたラバーズコンチェルトの原曲‥だよね。

さすがOTTAVAのリスナーだわ。忘れないように自分のメモ用に貼り付けとこう_φ(・_・
それにしても、ライプツィヒのバッハゆかりの聖トーマス教会の前で、こういうこと…それほど親しくない人に訊くかなぁ(笑)

2018年6月24日日曜日

イタリア旅行の日程はこんなかんじ

過去記事でイタリアに行ってたこと書いたけど、わたしが行ったのは丸抱えでお昼ごはん全部ついてて、夕食はナポリとローマという現地でちょといとスーパーで調達できそうな場所でいい感じに抜けてるという『陽光のイタリア8日間』っていうツアー。👉https://e.his-j.com/shop/tour/voyage/02A_10/TI-KMI0002

忘れそうだから、ザァーっと書いとく。
1日目 成田12:35〜13:20(直行)18:15ミラノ
ミラノ泊

2日目
ミラノ観光(約2時間30分)
ベネチア移動(280km/約4時間)
ベネチア観光(約1時間30分)
ベネチア泊(本島)

3日目
シエナ移動(350km/約4時間)
シエナ観光(約2時間)
サンジミニャーノ移動(44km/約1時間)
サンジミニャーノ自由散策(約1時間30分)
サンジミニャーノ泊(サンジミニャーノ・ヴィラホテル「ヴィラ・サンパウロ」)

4日目
フィレンツェ移動(60km/約1時間30分)
フィレンツェ観光(約3時間)
イタロ(新幹線)移動(550km/約2時間35分)
ナポリ泊

5日目
カプリ島移動(約45分)
青の洞窟見学(約2時間)
ソレント移動(約30分)
アマルフィ海岸ドライブ(約1時間)
アマルフィ自由散策(約30分)
ナポリ移動(80km/約2時間)
ナポリ連泊

6日目
ポンペイへ移動(30km/約45分)
ポンペイ遺跡観光(約1時間30分)
ローマ移動(260km/約3時間15分)
バチカン美術館観光
ホテル移動
ローマ泊(テルミニ駅より半径2km以内)

7日目
ローマ観光(約3時間)
空港移動
15:00〜15:15ローマ
機中泊
8日目10:30〜11:05成田

『観光』は、添乗員が同行して現地のガイドもついてイヤフォンガイドで説明を聞きながら町歩き。
『自由散策』は、基本は放置。だけどちゃんとひとりで身動きできるように完全フォローしてくれた。

いまだにブログにはベネチアまでしかアップできてなくて、すまん💦

このツアーを選んだのは、同行者の休みの日程から。
そして、添乗員が成田から同行、直行便、食事(とくにお昼)がついている、ホテルが街のまんなか。ナポリなんて駅から5分だった!

ずっと男性並みの食事でお腹パンパンだったから、日程の終わり頃に夕食が抜けて現地で生ハムとワインですませられて助かったぁ。歩いてプラプラできるから買い出しにも困らなかったよ。ミラノだけ自分が出かけたかった場所に逆側に離れてちょっとザンネンだったけど、これはわたしのかってな都合。
添乗員さんのフォローもよくて、自分の体調が悪いのがいちばんネックだっただけで、ツアーは満足満足♡…だったよぉ〜。

そしたら、イタリアに長く住んでた友人が「こんなツアーありえない!」ってFacebookにあげてたのが、実は同じ旅行会社のツアー。
わたしが一人で旅ができるのも、子供がパリでお世話になったのもこの会社。足を向けて眠れないほど感謝してるので、彼女のタイムラインでボッコにされるのが気になって調べてみたよ。

もりだくさん!イタリアハイライト9日間
https://e.his-j.com/shop/tour/voyage/02A_10/TI-KBI0003
1日目
成田空港 13:15〜14:10乗継21:35〜22:45バーリ着
アルベロベッロ移動(60km/約1時間30分)
アルベロベッロ着
ホテル(トゥルッリ地区から半径1キロメートル以内)

2日目

アルベロベッロ各自散策(約1時間)
ポンペイ移動(300km/約4時間30分) ポンペイ遺跡観光(約1時間30分)
ナポリ移動(30km/約50分)
ナポリナポリ車窓観光(約15分)
ナポリ泊

3日目

カプリ島移動(約45分)
青の洞窟観光(約2時間)
ソレント移動(約30分)
アマルフィ海岸ドライブ(約1時間)
ナポリ移動(110km/約2時間)
ナポリ泊

4日目

ローマ移動(230km/約3時間30分)
ローマ市内観光(約4時間)
ローマ泊

5日目

ピエンツァ移動(215km/約3時間)
ピエンツァ各自散策(約1時間)
ピサ移動(200km/約3時間30分)
ピサ各自散策(約1時間)
フィレンツェ移動(90km/約1時間30分)
フィレンツェ泊
ホテル(フィレンツェ又はカレンツァーノ又はポンタシエーベ又はプラート泊)

6日目

フィレンツェ市内観光(約3時間)・自由行動(約2時間)
ベネチア移動(285km/約4時間)
ホテル(ベネチア・メストレ地区又はノベンタディピアーブ又はパドバ泊)

7日目

ベネチア市内観光(約1時間30分)・自由行動(約1時間)
ベローナ移動(125km/約2時間)
ベローナ各自散策(約1時間)
ミラノ移動(170km/約2時間30分)
ミラノ泊

8日目

ミラノ市内各自散策(約2時間)
空港移動
14:55〜15:25ミラノ
機中泊
9日目10:35〜11:05成田着

うぅーん(ー ー;) わたしが行ったツアーと、パッと見、ちがいがわかんない。もし9日間休みが取れてたら、こっちにしたかも。

でもさ、よぉーく見たらちがう!

行きの飛行機が乗り継ぎで着くのが夜中。
自分で観光しないといけない(各自散策)が多い。
ご飯がホテルの朝ごはんと2回の昼夜だけ。

そして、ホテルが中心地から遠いがなによりたいへんそう。
添乗員さんいるから街中から離れてても大丈夫だと思って参加してみたけど、行ってわかったのが日程よりホテルの場所はだいじだわ。

それと旅の満足度は添乗員さんによるかも。でもこればっかりは、選べなくて運しだいだけど…💦

2018年6月23日土曜日

OTTAVAの斎藤さんのファンなのだ

「家で一日、いったい何してるの?」ってよく訊かれる。

仕事もしてなくて、のほほぉ〜んとした雰囲気だから気になるのかなぁ??
こう見えて、パン焼くしケーキ作れるし料理も好きだし絵も描くし縫い物するしピアノ弾くんだか、なぁ〜にもできないふうにも見えちゃうらしい(笑)←実話
ま、そう見えるのはきっとわたしの強味だ、うむ。

それはさておき、台所仕事や手仕事しながら、ネットラジオをよくつけてる。

その中でも一番のお気に入りが、インターネットラジオOTTAVA
ずっと生放送じゃなくてときどき同じのが流れるてそれが気になるときは他のを聞いちゃうけど、オッターヴァのパーソナリティーのひとり、斎藤茂さんの押しつけない自然な話しかたと選曲がとっても好きなのよぉ。

あまりに好きすぎて、斎藤さんの『オッターヴァ・サローネ』を聞きたいから、火曜は18時からのお稽古や外出しないで家でご飯を早めに作って、食べて、寝る10時までずっときいてる。

ここポチッとしたらOTTAVAのTOPページになるから、そのまんなかあたりの『 Lesson! Streaming』って茶色いところから再生できるので、よかったら聞いてみて。
OTTAVA(オッターヴァ)

ふふふ…、リクエストや日常の話もよく読まれてるよぉ。ここでハンドルネームは教えないけど、きいてたら「あれ?これ…きままさんじゃない?」ってわかると思う(笑)。

この斎藤さんが、地上波(っていうのかなぁラジオでも)でも昼間に話されてるらしい。

全国のFMラジオの一部になっちゃうけど、FM青森・FM岩手・FM秋田・FM山形・FM栃木・FM長野・FM福井・エフエム岐阜・FM滋賀・エフエム山陰・FM岡山・エフエム山口・FM香川・FM徳島・FM高知・FM佐賀・FM Nagasaki・FM大分・FM鹿児島の、JFN加盟局で、Seasoningっていう番組のクラシック音楽のコーナー「Tea Time Classic~Ottava Collection~」を担当されてるそう。放送時間はそれぞれのラジオ局でちがうかもしれないのでご確認を。👉http://park.gsj.mobi/news/show/44312

ネットで聴けないかたは、ふつうのFMラジオでぜひ斎藤さんと知り合いになってくださぁーい♡

2018年6月22日金曜日

知らないことを調べながら

ゆかた作り、耳ぐけだらけのところになってる。

やってるのはここらあたり。


ここまでやって「もしかして身幅がたらないかぁ?」みたいな心配浮上して気が滅入ってるんだけど、それはさておき(おくなっ!)、延々と耳ぐけしてると内職みたいになってくる。

んで、お気に入りのJBLのブルートゥーススピーカーCharge3でネットラジオ流したり、音楽配信アプリのスポテイファイで曲を聞いたりして気分盛り上げてるよ。
せっかく好きなことしてるんだから、作業してるみたいにならないで楽しい気持ちになったほうがいいもんね。

ドラマ指南してくれる友達から聞いたドラマも、ちょいと流してみてる。
まだ五話なんだけど、まぁー秘密がいっぱいあってぜんぜん先が見えない。だからドラマなんだろうけど、その中で密かに不倫してるつもりがぼろぼろバレてっちゃてるのよぉ。

そんな話を夫にしたら、「『てんもうかいかいそにしてもらさず』だなぁ…」と。

なんじゃそりゃ??

調べてみたら、老子の言葉らしく『天網恢恢,疎而不レ失』。レは、縦書きの漢字左下に書かれてる、返り点のレ点。
漢文だぁ、なつかしいなぁ〜。

書きくだし文にした『天網恢恢、疎にして漏らさず』と、夫は言ったわけね。

意味しらべたら、「天網は目があらいようだが、悪人を漏らさず捕らえる。天道は厳正で悪事をはたらいた者には必ずその報いがある」って。

うぅーん、まだ天罰が下るところまではきてないけど、ドラマの流れ上、そうなってほしいな。そうでないと、見たあと胸のあたりスッキリしない。

しかし貴方様からそういうコトバが出てくるとは…ねぇ。そのまま鏡にうつして差しあげたい、ぷぷぷっ…。

ささっ、そんなことはほっておいて、耳ぐけ済ませて衽(おくみ)つけなきゃっ!
👇耳ぐけってこういうヤツ。

和裁は身についてないから、すぐ忘れちゃって毎回しらべながらだよぉ。

ちっとも覚えてれれなくてダメね…ってへこまず、今は手のひらの中でいろいろ調べられるから便利ねぇ…って思ったら、それも楽しい。
よし、がんばろᕦ(ò_óˇ)ᕤ

2018年6月21日木曜日

夏至からイメージすること

きょうは夏至だねぇ。夏至…ってだけで「日が長くてうれしぃ〜」って、ウキウキするよぉ✨

それがここ数年、その気持ちといっしょにパリを思い出す。
だって、初めてパリに行ったのが陽の長いこの時期で、夏至にはLa fête de la musiqueっていう、パリの街中が音楽だらけの日になるの。

レストランもバーも、教会も美術館も、広場も中庭も、それこそそこらの橋の上も道端も音楽のパフォーマンスやってる。ジャンルもクラシックだけじゃなくて、ジャズもレゲエもポップスもなんでもあり。あれだけ音楽にあふれた日になるのって、夢みたいだった❗️
詳細は、公式HPのこちらを。

あぁ〜、ここにいたんだなぁーって、思い出せるのもシアワセ💕
家の中がごちゃごちゃしてるのは困るけど、ココロの中にこういう思いがたくさん増えてくのはうれしいねぇ。

そんなに楽しかったのにぜんぜんブログにアップしてなくて、過去記事検索しても一枚も出てこない⤵︎
あげたつもりだったのにゴメンよぉ。そのうち…って思ってたら、すっかり忘れてたパターンみたい💦

ルーブル美術館のテラスで、お昼ご飯もしたのにさぁ。

奥に見えるのがルーブルの真ん中の建物。なんか写ってるけど、手前のハムとチーズのバケッドサンドがメイン(笑)。

夏至の時の写真をいま探してるんだけど、そこらあたりの初パリの写真データがパソコンの中にない( ̄O ̄;)
ディスクに焼いてるか、SDカードのままか、Windowsに入れっぱなしか。記憶をたどってまた後でここに追記…しと…く…か……も…。(だんだん小声)

そこらへんもあやふやなんだけど、夏至の時期にパリにいたのはおととしだと思ってたら2015年だったよ。
家のごちゃごちゃだけじゃなく、記憶のごちゃごちゃもなんとかしないとかなーりマズい(汗)。

2018年6月20日水曜日

ゆかたを縫いたくなるサイクルがあるみたい

まるやまはるみ先生の洋裁の講座だけじゃなくて、和裁までしはじめたよぉ。
だってさぁ、家の中を片付けようとしたら、裁断したままの浴衣生地と目がちゃったんだもん💦

ついこのあいだこれを縫ったと思ってたら、なんと4年前だったよ😵

なんなんだ、この記憶のあいまいさ💧

その前が2011年。

こういうペースで縫いたくなるのかなぁ(笑)。

和裁は家族伝承で(…ってザックリいうなら、洋裁もそうだけどw)ちゃんと仕込まれてないから、本読んだり、ネットで見つけた作り方を見ながら縫ってた。
だけど、今度こそ!洋裁っぽくしないで本格的にちゃんと和裁として縫いたくて、去年の春に鹿児島市の施設、サンエールかごしまで火曜日にやってる手づくりひろばに行ったの。

そこの先生に教えてもらって、すっごく考えて柄合わせして、裁断して、そこで引越し。

いっそ反物のままなら移動しやすかった気もするけど、反物だったらそのまま人に譲ってたかもしれないし、苦労して裁断したし、子ども自身が手持ちの帯と合わせて反物を選んだから持ってきた…はず。わたしと違って、現代っ子体型で手も足も丈も長くて誂えないとダメなのもあるし。

なので、荷物の整理するならこういうのをひとつづつ捨てたほうがいいのはわかってるけど、部屋の場所ふさぎでも…今さら捨てられない。
こういう物も「気持ちがのってるもの」のひとつなのかなぁ。

東京だとあちこちに仕立屋さんもあって、いっそ人にこのまま丸投げしようと思って調べた。それでも目の前から片付いて、ひとつ…カタはつくわけだもんね。

そしたら、全部手縫いだと縫賃だけで1万5千円〜2万円。
「いしきあて(お尻の生地が傷むのを防止するのにつける布)」をつけるときは仕立て以外にその費用もかかるそうで、やればなんとかできそうな気がして、アホらしくて自分ですることにした。

気持ちだけかもしれないけど、自分で作るのが好きなわけだし、意気込みも大事よね。

またネットと首っ引きかぁ?と思ってたら、区の講座を見つけたよぉ💕
ちゃんと区報見た自分、えらい!

んで、自分がやったとこがどこなのかを、広げて点検中。


この写真をFacebookにあげたら、「綿紅梅ですか?浴衣かな?」と書き込みがあった。

「千鳥が梅に見えたのかなぁ〜」ったけど、「ちょっと待てよぉ…」と調べたら、縦糸と横糸に太い糸を入れて、生地に勾配をつけた布のことだということ。勾配が紅梅になったということらしくて、うへぇーっ、あのまま「千鳥ですよぉ〜」とか返信しなくてよかったぁ💦

この生地、ネットによると半襟つけたら着物としても着られるらしいので、次回の講座で講師の先生と相談してみる。

2018年6月19日火曜日

ちょっとづつ片づけてみた

土曜日の朝、桜島がスゴいことになってるニュースがはいってきた。


住んでた場所あたりは、火山灰のせいで昼間なのにまっ暗。まぁー、洗濯物は外に干してないけど、窓も開けられないし、隙間から火山灰がはいってザラザラになるんだよなぁ。

ここでひと雨、ザァーっとはげしいのが降ってほしいとこだけど、台風の影響の風がふいて、そこらに巻き上げてたいへんだったみたい(←知人情報)。

そう思ってたら、月曜の夜、うちのあたり揺れぇ〜。
きのうの『片づけ』の話を聞いた直後だったから、「あちゃぁー、思った時にすぐしなきゃ💦 避難経路を確保しとかないとダメじゃん❗️」って後悔したよ。

んで、その翌日、大阪で6。
うーん、これはやれ!っていう神のお告げじゃっ(たぶん)。

でも、大々的にする元気も体力もない⤵︎
なので、ちょっとだけ…部屋から玄関にむかう避難経路(つまり台所)にある『気持ちから遠いもの』から手をつけてみた。

幅木収納を圧迫してたパン発酵器。

ちいさい電気オーブンを鹿児島から持ってきただけだから、こんなにいっぺんに発酵しても焼けなくて必要ない。

あるものを使わないのはもったいないけど、大きすぎて出す場所がない。でもこれで醗酵したらレンジのとぜんぜん出来がちがう。新しく小型の醗酵器ちいさいのを買っても夫婦二人で前ほど焼かないだろうからもったいないから使いまわしたいし…と、ぐるぐる自問自答してた。

でもね、やっと思いがふっきれて知り合いのパンの先生に連絡したよ。
これがなくなったらパンが焼けなくなるわけじゃなくて、レンジで醗酵させちゃえばいい。しっかり前みたいに焼くようになったら、その時に発酵器を考えればいいよね。

チヨダの焼き型は捨てられないけど、ガスコンベックのオーブン皿は処分。
このオーブンに入らないのになんで持ってきたのか…今となってはナゾだけど、引越時は踏ん切れなかったのね、きっと。

ほんとは『生命に関わる』場所にあるお皿やグラス、棚の上のものが先なんだけど、そこは引越しでずいぶん選りすぐった精鋭しかないから、もう少しあきらめがついてからじゃないとできない😢

さて、大阪。
うちの子のひとりが出勤電車の中でしばらく身動き取れなかったらしい。お昼には会社につけたらしい連絡が夫に入って、片づけの手を止めて…ホッとした。